DSC_0041

本日のスコア
IN38(16)-OUT44(17)



8月6日/天気晴れ/レギュラーティ/2016GDOアマチュアゴルフトーナメント・シングルス戦
レギュラークラス予選会

gnp_score_card


パブリック選手権とは違い比較的に緩やかな雰囲気のGDOの試合。
試合というよりはオープンコンペに近い感じではありますが、やはり気心の知れた友人とのラウンドとは違い
程よい緊張感と、1ショット1ショット丁寧に考えるゴルフが楽しくもあります。


スコアはよくても耐えるゴルフのINコース


DSC_0040

緩やかな雰囲気といえど、やはり朝一のティショットでは軽く震えるくらいの緊張感を持ちスタートしたINコース。

6ホールまでPARで上がることが出来たので結果的には悪くないのですが
2度のPAR5では2打目で残り15~20yd付近まで持って行けたのに、そこから3打でのPAR
ティショットを飛ばして残り80yd~120yd付近まで持って行けたのに、引っ掛けてチャンスには付けられず!
ウェッジなのでグリーンには乗りましたが、長めの番手ではグリーンオンはしてないだろうなぁ等々

自分の実力不足を感じる前半でした。


暑さと疲労との戦いだったOUTコース


DSC_0043

お昼休憩を1時間とり後半戦スタート。

ティーショットはうまくいったのですが、2打目でシャンクしてOB。
打ち直しでレイアップして残り90ydでまたシャンク・・・
午後のスタートホールでいきなりのトリプルボギー!
前半の2オーバーを1ホールで超えてしまいガックリ、ホールアウト後「忘れよう!」と声を出し自分を慰めると同伴者の方もそうですよ!と笑ってくださりました。

DSC_0042

OUTコースが進むにつれ日差しが強くなり、体のだるさに加え軽い頭痛。
これは脱水症状ではないか?と思いつつ水を飲みながら頑張っていましたがショットの精彩を欠いてしまいました。

ティショット曲げ林に入れてしまった時、どこに出すか迷いました。
真横に出せば3打目は180yd残る、1m程の木の間を抜けば残り120yd付近まで持って行ける。
午前中のようにスコアがまとまっていれば、横に出してボギーでもと思ったかもしれません。
午後のようにショットがバラバラでスコアが崩れかけているときこそ冒険せずに横に出すべきではないか?

凄く迷ったのですが、練習場で仲良くして頂いている方の
「1mの幅があったらそこを抜かなきゃだめだよ」
という言葉を思い出し思い切って冒険してみました。

結果、木をかすめてうまく抜けました。

攻めるときは攻める、守るときは守るその判断もゴルフの楽しみの一つですね。


後半は崩れてしまいましたが、残り3ホールで立て直すことが出来て
何とか予選は通ることが出来て決勝ラウンドに進むことが出来ました。

決勝ラウンドまでには後半も崩れることのない体力をつけないと、思います。